ハッピー結婚指輪知識集

結婚指輪の質入れ

意外に多い結婚指輪を処分したいケース、貴金属買い取り専門店などで地金の分量が多ければ高額買取も
ハッピー結婚指輪知識集image
結婚指輪の質入れ

結婚指輪にプラチナ素材のリングを購入して、それを質屋に売るとなると、どの程度の金額が実際につくものなのでしょうか。

あまり結婚指輪を質入れするということは現実ではなさそうですが、高額商品であるジュエリーリングですから、再販価値もそれなりにあるのでは?と想像してしまいますよね。

たとえば、高級ブランドのプラチナ製の結婚指輪、貴金属専門店が扱うプラチナリング、もう少しカジュアルなブランドのダイヤ入りプラチナリング、結婚指輪といっても価格帯やデザイン、ダイヤモンドなどの宝石が入っているかどうかなど、さまざまなタイプのリングがあります。

質屋さんへ持ち込んだと仮定すると、全ての結婚指輪が同じようなデザインであった場合、買い取り金額はほぼ同額になります。

質屋さんの場合、ダイヤモンドなどがついていればその石の価値、地金がプラチナならばその価値という風に見て価格を決定します。

ブランド名はこの場合にはあまり関係がないです。

結婚指輪はイニシャルや日付などが刻印してある場合が多いですし、リングとしての再販価値はかなり損なわれてしまうと考えるのが自然です。

一方、質屋さんではなく、貴金属の買い取り専門店を利用する考え方があります。

こちらは地金の量で価格を決定するところです。

この場合、プラチナの使用量の多いデザインならば、良い値段で買い取りが可能なケースもあります。

こちらもブランドバリューではなく、結婚指輪の重さやプラチナの使用量により価格が左右されます。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By ハッピー結婚指輪知識集. All Rights Reserved.